UNITED ESTATEB

WORKSバリューアップ

外観のバリューアップ事例

対応策

オーナー様の意向としては、既存の入居者に安心してご入居頂き、女性にも支持されるような物件を目指したいとのことでした。

弊社としては、築年数より建物の維持保全の観点より、建物調査を行い、やるべき項目を洗い出しました。その上で、維持保全の観点からやるべき内容と、オーナーの意向を反映できる内容を検討しました。

そうすると、建物のコーキング等の防水機能が経年により劣化が進んでおり、防水対策が重要課題として挙がってきました。その一方でオーナーの意向としてもバリューアップとして外壁塗装をやることで建物のイメージを一新できる機会だと思い、防水対策と併せて外壁の塗り直しを提案しました。

外壁のコーキング打ち直し等の防水対策をやる場合には、必然的に足場を組むので、同じタイミングで外壁塗装を実施するこでコスト的にも圧縮できるメリットがありました。

防水会社を選定する場合にも、見るべきポイントが幾つかあります。
単にコストだけで判断してはいけません。安いと思ったら、塗装回数が数回塗るべきところを1回塗りで終わっていたりと、補償期間がなかったり、安かろう悪かろうという結果になる場合があります。

塗装業者を選定した上で、イメージを一新する為に、幾つかのパターンでご提案を行いました。上下階で配色を変えたパターンや、建物の間にアクセントで配色するようなパターンを幾つか考えてイメージ画像でご提案しました。

完成イメージを画像で提供することで、オーナーもイメージのとの不一致等の不安を払拭することができ塗装に対してもご快諾頂きました。

バリューアップ前

バリューアップ後

対応結果

完成後の状態にもオーナーも非常にご満足頂き、今度は別の建物も検討をしたいとお話を頂き、ご入居者からも「カッコよくなりましたね」と、ご好評頂くことができました。

Copyright © UNITED ESTATE Co.,Ltd. all rights reserved.